LIFE LOG(今日の夢はどんな夢?)

今日の夢はどんな夢?

記憶から消えない夢達を現実に追ってみた・・・

― アワヒメを追って 73話 ―

― 住吉神社 ―

  すみよしじんじゃ

 

2021年4月15日 14:30 御参拝

兵庫県明石市魚住町

御祭神 底筒男命 そこつつのをのみこと

    中筒男命 なかつつのをのみこと

    表筒男命 うはつつのをのみこと

    息長足姫命 おきながたらしひめのみこと

 

 錦ヶ浦に鎮座します、住吉神社です。

神功皇后がこの地に上陸した際、着衣を松の枝に掛けて干されたところ、衣が風にたな

びき錦のように美しく見えたところから、この地を錦ヶ浦と名付けられたそうです。

 

f:id:yatutama:20210415191619j:plain

 

海を背にして鳥居をくぐります。 

f:id:yatutama:20210416053924j:plain

 

山門

f:id:yatutama:20210416053955j:plain

 

楼門 1648年の建立です。

f:id:yatutama:20210416054022j:plain

 

狛犬様 独特なあまり見受けられない顔立ちですね。

f:id:yatutama:20210416063338j:plain

f:id:yatutama:20210416063411j:plain

 

楼門内の狛犬様 こちらも一風変わっていますね。

f:id:yatutama:20210416102548j:plain

f:id:yatutama:20210416102655j:plain


能舞台 1627年に健立。

楼門とともに明石市指定文化財になっています。

f:id:yatutama:20210416063254j:plain

f:id:yatutama:20210416142321j:plain

 

由緒

伝承によれば、神功皇后三韓征伐の際、播磨灘で暴風雨が起こったため、魚住に避難

住吉大神に祈願すると暴風雨がおさまったという。凱旋後、神功皇后により住吉大神

摂津国住吉に祀られた。大阪の住吉大社に伝わる住吉大社神代記〟によれば、住吉

大神より〝播磨国に渡り住みたい。藤の枝の流れ着くところに祀れ〟との託宣があり、

藤の枝を海に浮かべると、魚住に流れ着いた。そこで、雄略天皇8年(464年)に当

地に住吉大神を勧請したのが当社の創建と伝える。

拝殿

f:id:yatutama:20210416103010j:plain

 

f:id:yatutama:20210416103040j:plain

 

本殿

f:id:yatutama:20210416104527j:plain

f:id:yatutama:20210416104548j:plain

 

高良社 稲荷社 神明社

f:id:yatutama:20210416103635j:plain

f:id:yatutama:20210416103754j:plain

 

大海社 粟島社 天満社 竈神社

f:id:yatutama:20210416103835j:plain

 

八幡社

f:id:yatutama:20210416104022j:plain

 

厳島社はこちらかな? 小さな橋を渡ったから・・・

f:id:yatutama:20210416104205j:plain

 

本殿の裏にある御神木の藤(祓除の藤)です。

樹齢150年以上といわれており、5月上旬が見頃かと思います。

例年ならのゴールデンウィークあたりにきれいな藤の花をみる事が出来るのでしょう

が、明石市も「まん延防止等重点措置」に追加されてしまったので今年はどうなるので

しょうか?

 

f:id:yatutama:20210416105041j:plain

私が境内にいる間、平日にもかかわらず神社に御参拝される方が後を絶ちませんでし

た。

 

海辺の遊歩道や公園が隣接しており、とても気持ちのいい場所なので自然と人が集まっ

てくるのかも知れません。

 

f:id:yatutama:20210416135946j:plain

 

f:id:yatutama:20210416140428j:plain

 

こちらの小さい鳥居奥に祀られておられる神様、どちらの神様なのか最後までわかりま

せんでした・・・

 

f:id:yatutama:20210416141024j:plain

f:id:yatutama:20210415213344j:plain

 

こちら住吉神社では藤の花だけでなく、境内の斜面に〝あじさい神苑〟を整備し、20

品種約2500株のあじさいが植栽されております。

毎年6月には〝あじさいまつり〟が開かれるはずなのですが、去年はコロナで中止だっ

たそうです・・・こちらもまた今年はどうなるのでしょうか?

 

神功皇后所縁の神社、魚住 住吉神社でした。


本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 72話 ―

― 甲山 神呪寺 ― (再)

                     かんのうじ

 

2021年4月10日 御参拝

兵庫県西宮市甲山町

真言宗御室派別格本山 新西国第二十一番霊場

 

2018年の10月以来の御参拝です。

 

 仁王門  左に廣目天  右に増長天 / 仏教における天部の仏神 四天王

f:id:yatutama:20210410185606j:plain

 廣目天

f:id:yatutama:20210410190240j:plain

増長天

f:id:yatutama:20210410190306j:plain

 

門の中心の火炎宝珠がいいですね。

f:id:yatutama:20210410191116j:plain

後方に見える山が甲山。

190年頃 神功皇后が平和を祈願して金の兜を埋めたと伝えられ、また兜にかたちが

似ているところから、この名がつけられました。

神呪寺とは神を呪うという意味ではなく、甲山を神の山とする信仰があり、この寺を神

の寺(かんのじ)としたことによるといいます。

 

弁財天でしょう。 龍神様がおられるとか・・・

f:id:yatutama:20210410191811j:plain

 

巨大な灯篭

f:id:yatutama:20210410192812j:plain

 

いろんな石碑があります。

f:id:yatutama:20210410191949j:plain

f:id:yatutama:20210410192008j:plain

 もう少し早ければ桜がきれいだったかな?

 

本堂です。

f:id:yatutama:20210410212558j:plain

f:id:yatutama:20210410212656j:plain

 ― 17話 ― より

神呪寺は第53代淳和天皇の第四妃眞名井御前(後の如意尼)が開いたと伝えられています。

f:id:yatutama:20210410213816j:plain

淳和天皇の第四妃眞名井御前如意輪観音への信仰が厚く、念願であった出家をするために天長5年(828年)ひそかに宮中を抜け京都 頂法寺六角堂で修業の後、今の西宮神社から廣田神社、その神奈備山である甲山へと入って行ったと言われています。

 

眞名井御前とは丹後の籠神社の家(海部氏)に生まれており、幼少の名は

海部厳子(あまべ いつこ)。

 

眞名井御前を甲山へ導いたのは、弘法大師 空海

淳和天皇からの呼び戻しの要請を避けるように、空海眞名井御前に破格

阿闍梨灌頂(あじゃりかんじょう)を授けて仏門のもとに保護したそうです。

 

f:id:yatutama:20210410213921j:plain

― 天長七年(830年)空海は本尊として、山頂の巨大な桜の木を

眞名井御前の体の大きさに刻み、如意輪観音像を作ったといわれます。

天長8年(831年)10月18日に本堂は落慶しました。

同日、眞名井御前空海より剃髪を受けて、僧名を如意尼とする。

 

その4年後、空海高野山で3月21日入定・・・62歳。

その1日前、如意尼高野山に向かって合掌し、如意輪真言を唱えながら

息絶えたそうです・・・33歳の短い命です。

 

日本三大如意輪である如意輪観音像は秘仏となっていますが、5月18日に融通観音大

祭があり本尊の開扉があります。

 

梵鐘 この鐘の音は遠くまで響き渡りそうです。

f:id:yatutama:20210410214558j:plain

 

弁財天

f:id:yatutama:20210410225356j:plain


不動明王

f:id:yatutama:20210410225449j:plain

 

聖観世音菩薩

f:id:yatutama:20210410225551j:plain

 

多宝塔

f:id:yatutama:20210410225906j:plain

 

甲山稲荷大明神 お稲荷さんはどこに行ってもお見えになります。

f:id:yatutama:20210411095229j:plain

 

白髭大明神  善女龍王

f:id:yatutama:20210411095426j:plain


鎌倉時代初期の源頼朝の再興後も、寺は栄枯盛衰を繰り返し、戦国時代には兵火にも遭

い、現在の本堂は江戸時代に再建されたものです。

 

境内から市街地が一望でき、右手には神戸の海も見えます。

f:id:yatutama:20210411101754j:plain

 

御朱印頂きました。

f:id:yatutama:20210411102016j:plain

私にとって何か特別な想いを抱かせるお寺、そしてふと行きたくなるお寺、神呪寺で

す。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 71話 ―

― 絵島 ―

      えしま

 

2019年9月8日 13:45

兵庫県淡路市岩屋

イザナギ イザナミの二柱の神は〝天の浮橋〟に立ち、海に矛を突き立てぐるぐるとか

き混ぜました。

そして、矛を引き上げるとその矛から海水を含んだ塩がしたたり落ち凝り固まって島と

なりました。

その塩が固まってできた島を〝おのころ島〟といい、一説ではこの絵島がおのころ島で

はないかといわれているそうです。

 

f:id:yatutama:20210407185755j:plain

 

砂岩で出来たこの島、もとは陸とつながっていたのですが、長い年月をかけて波風に削

られこのような島となったそうです。

 

f:id:yatutama:20210407191655j:plain

 

よく見ると島の頂上に鳥居があります。

島は立ち入ることが禁止されているので、頂上の様子はよくわかりません。

祠のようなものがあるのかな?

どなたがお祀りされているのか調べてみました。

 

平清盛が現在の神戸市兵庫区に貿易の為、港を築造しようとしますがうまく行きません。

どうすればうまく工事が進むのか陰陽師に占ってもらいました。すると陰陽師は〝海

中の龍神の怒りを鎮める為に30人の人柱を海に沈めるのが良い〟と助言をします。

それを聞いた清盛はすぐに生田に関所を設け人柱のために旅人を捕えました。

それを見かねた〝松王丸〟平清盛に気に入られ側仕えをしていた少年)は清盛にその

30人の代わりに自分が人柱になると申し出ます。

清盛は初め聞き入れませんでしたが、幾度とない〝松王丸〟の申し出に清盛もどうする

ことも出来ず〝松王丸〟は人柱になることを許されます。

そして〝松王丸〟は石の櫃に入れられ千人の僧侶の読経の中、海の底へと沈んでいくの

でした。

 

こんな悲話があったなんて・・・

 

絵島にお祀りされているのは、その〝松王丸〟です。

 

この絵島は和歌を詠む名所であり、月を愛でながら平家による歌会がよく催されていた

ようです。

 

〝千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波にうつして 見るこよいかな〟 / 西行法師

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 70話 ―

― 賀集八幡神社 ―

 かしゅうはちまんじんじゃ

 

2021年4月3日 14:14 御参拝

兵庫県南あわじ市賀集八幡

主祭神 応神天皇 おうじんてんのう

配祀神 天照大神 あまてらすおおみかみ

    仁徳天皇 にんとくてんのう

 

参道の桜がきれいだと聞いていました。

f:id:yatutama:20210404134613j:plain

 

駐車場の利用率70パーセントくらいだったでしょうか?

でも密にはなっていませんでした。

f:id:yatutama:20210404134655j:plain

f:id:yatutama:20210404135138j:plain

 

立派な拝殿です。

f:id:yatutama:20210404135513j:plain

 

天皇陛下 御参拝していたのですね。

f:id:yatutama:20210404135236j:plain


 狛犬様。

f:id:yatutama:20210404141329j:plain

f:id:yatutama:20210404141352j:plain

 

御参拝中 気持ちのいい風が吹いてきました。 絵馬も軽やかに鳴っています。

f:id:yatutama:20210404135610j:plain


こちらが本殿と摂社? 鳥居が同じ大きさですね。 

f:id:yatutama:20210404135838j:plain

 

右が本殿で左が摂社の丹生明神です。もっと近づいて見たいのですが冊がありこれ以上

は無理でした。

丹生明神とは弘法大師空海高野山を授けたあの丹生都比売のことでしょうか?

世界遺産でもある、和歌山県丹生都比売神ぜひ行ってみたい神社のひとつです。

f:id:yatutama:20210404140007j:plain

 

由緒

貞感2年(860)、御神託を受け奈良大安寺の僧 行教が石清水八幡宮の御分霊を奉

じて淡路に来島し建立した。

石清水八幡宮の社殿を模し、壮麗輪奐の美を整えた当八幡宮は往古隆盛を極めた。


f:id:yatutama:20210404143025j:plain

 

境内社となるのでしょうか?  八坂神社

f:id:yatutama:20210404144822j:plain

f:id:yatutama:20210404145049j:plain

f:id:yatutama:20210404145109j:plain


八坂神社なので御祭神は素戔嗚命なのかな・・・?

f:id:yatutama:20210404145254j:plain

f:id:yatutama:20210404145313j:plain

 

2020年の1月に一度御参拝に来ているのですが、もう一度来てみたかった 神社で

す。

桜の花弁もだいぶ散ってしまっていましたが、今回も気持ちのいい御参拝をさせていた

だきました。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 69話 ―

― 湊口神社 ―

     みなくちじんじゃ

 

2021年4月3日 13:33 御参拝

兵庫県南あわじ市湊里

 主祭神 速秋津比古神 はやあきつひこのかみ

     速秋津比売神 はやあきつひめのかみ

     応神天皇誉田別命) おうじんてんのう

 

久し振りの明石海峡大橋横断です。 天気はあいにくの曇りでした・・・

f:id:yatutama:20210403185431j:plain

目的地は、速秋津比古神速秋津比売神をお祀りする〝湊口神社〟

 

― 24話 ―の由良湊神社も同じ御祭神です。 

yatutama.hatenablog.com

 

f:id:yatutama:20210403190307j:plain

f:id:yatutama:20210403190452j:plain

f:id:yatutama:20210404085520j:plain

 

先日の ― 67話 ― 須磨寺平敦盛熊谷直実の悲話を知ったのですが、今日は

源義経が源平の戦いで平教経と南海で戦う時に、この湊口神社に佩剣を奉納し御参拝さ

れていたという言い伝えを知ることになりました。

 

狛犬様。

f:id:yatutama:20210403192453j:plain

f:id:yatutama:20210403192512j:plain

 

f:id:yatutama:20210404105934j:plain



 

明治時代に八幡神社と合祀されたようです。

f:id:yatutama:20210403193844j:plain


速秋津比古神速秋津比売神

古事記ではイザナギイザナミによる〝国生み〟に続く〝神産み〟の中で産まれた男女

一対の水戸の神様。

そして速秋津比売神は〝大祓詞〟に登場し、早川の瀬にいる瀬織津比売によって海に流

された罪穢れを、荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百會にいる秋津比売が飲み込ん

でしまうと記されています。

 

そうして飲み込まれた罪穢れを気吹戸主という神が根の国・底の国に気吹(いぶき)と

ともに放ちます。

最後に根の国・底の国に放たれた罪穢れは速佐須良比売によって持ち佐須良比(さ

すらい)失われていきます。

 

仁徳天皇

f:id:yatutama:20210404100426j:plain

 

玉依姫命

f:id:yatutama:20210404100610j:plain

 

本殿の右手に鳥居 天照皇大御神

f:id:yatutama:20210404100738j:plain

 

天照皇大神社   左は稲荷社か?

f:id:yatutama:20210404100946j:plain

 

仲哀天皇

f:id:yatutama:20210404101140j:plain


随神門の柱の下に蛙がいました。

柱の下に据える石で沓石(くついし)というものらしく、生き物を形とった沓石はとて

も珍しいものだそうです。

f:id:yatutama:20210404101630j:plain

f:id:yatutama:20210404101703j:plain

 

かつては現在地の北北西450m程にある〝沖の荒神〟という祠がある場所あたりに鎮

座されていましたが、眼下往来の船が神慮に触れたびたび難破したため、大明神の地

(現在の湊小学校の校庭)に遷座

遷座の時期は不明ですが、源平の戦い(1180~1185)頃はまだ沖の荒神の地に

鎮座されていたようです。

そして明治時代に湊口神社は八幡神社の境内に移転し両社は合祀されることになりまし

た。

f:id:yatutama:20210404112657j:plain

 

御参拝中誰一人見かける事すらなく、ゆっくりと御参りが出来ましたが、私の罪穢れは

根の国・底の国に飛んでいったのでしょうか?

 

祓戸四神の 速秋津比売神をお祀りする〝湊口神社〟でした。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 68話 ―

― 滑祇園神社 ―

     なめらぎおんじんじゃ

 

2021年4月1日 16:30 御参拝

兵庫県神戸市垂水区

 主祭神 牛頭天皇 ごずてんのう

 

住宅街に桜と鳥居を見つけました。

 

f:id:yatutama:20210401180505j:plain

f:id:yatutama:20210401180611j:plain

f:id:yatutama:20210401181548j:plain

由緒には、後に山の神として信仰を受けていた素戔嗚命スサノオノミコトと同一

神に習合と書いてありました。

 

廣峯神社から八坂神社へと

途中こちらにも来られたのか・・・

 

yatutama.hatenablog.com

 

狛犬様 凛々しいです。

f:id:yatutama:20210401182516j:plain

f:id:yatutama:20210401182535j:plain

f:id:yatutama:20210401182710j:plain

疫病を司る神 牛頭天皇にコロナ禍の終息を願おうか迷いましたが、日々の感謝のみ申

し上げました。

摂社 御稲荷様。

f:id:yatutama:20210401184810j:plain

f:id:yatutama:20210401185113j:plain

f:id:yatutama:20210401185437j:plain

f:id:yatutama:20210401191258j:plain


コロナがいつか、ただの風邪となってしまう日が来ると願っています。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む

― アワヒメを追って 67話 ―

― 大本山 須磨寺 ―

             すまでら

 

2021年3月30日 12:45 御参拝

兵庫県神戸市須磨区須磨寺

 

久しぶりにお寺へ行って来ました。

真言宗須磨寺派大本山

正式名称 上野山福祥寺(じょうやさん ふくしょうじ)

御本尊 聖観世音菩薩

 

塔頭三院の一つ 正覚院 御本尊 愛染明王

f:id:yatutama:20210330160752j:plain

 

龍華橋

f:id:yatutama:20210330161022j:plain

 

橋を渡ると、仁王門です。

f:id:yatutama:20210330161106j:plain

 

弘法岩五鈷水 ここの水で手と口を清めました。

f:id:yatutama:20210330161228j:plain

 

五鈷 密教で用いる法具です。

f:id:yatutama:20210330173400j:plain



源平の庭  左が平敦盛 右が熊谷直実  一ノ谷の一騎打ちの再現です。

f:id:yatutama:20210330161535j:plain

一ノ谷の戦い敦盛にとって初陣でした。源氏に押され平家は海上の船へと逃れます

が、敦盛は忘れた笛をとりに戻ったため逃げ遅れます。

それをみた熊谷直実敦盛を馬から組み落とし首をはねようとしますが、組み敷いた敵

の武将が我が子と同じ年頃の若武者だったことに気付いた直実は躊躇してしまいます。

しかし彼を見逃しても源氏の他の武将に首をとられるに違いない状況の中、泣く泣く

の首をとります。

敦盛は最後まで名を明かすことはありませんでしたが、彼が身に着けていた〝小枝の

笛(青葉の笛)〟により、若武者が平家の若い公卿である平敦盛であることが後でわか

るのです・・

 

f:id:yatutama:20210330161828j:plain


源平の庭を右手に見ながら歩いていくと、唐門です。

f:id:yatutama:20210330162011j:plain

f:id:yatutama:20210330162726j:plain


本堂です。

f:id:yatutama:20210330163052j:plain


写経輪堂 というらしいです。

f:id:yatutama:20210330163438j:plain

 

七福神マニコロ  少し回して弁財天様を拝みました。

七福神の上に乗ったらバチがあたると書いてあります! 亀の背中はOKです。

f:id:yatutama:20210330165635j:plain

 

桜の向こうが護摩

f:id:yatutama:20210330170033j:plain

 

大師堂

f:id:yatutama:20210330170205j:plain

 

弘法大師 空海

f:id:yatutama:20210330170235j:plain


大師堂の裏に 風神 雷神

f:id:yatutama:20210330170435j:plain

f:id:yatutama:20210330170502j:plain


本坊の扉の彫物がすごい!

f:id:yatutama:20210330170821j:plain

f:id:yatutama:20210330170843j:plain

 

神仏習合の名残で、神社もあります。 弁財天女 と 出世稲荷

f:id:yatutama:20210330171131j:plain

f:id:yatutama:20210330171256j:plain

f:id:yatutama:20210330171635j:plain

 

平敦盛 首をとられた時、17歳だったそうです・・・

f:id:yatutama:20210330171934j:plain

f:id:yatutama:20210330171955j:plain

 

なんとも悲しいお話です・・・

f:id:yatutama:20210330172226j:plain

 

須磨寺まだまだ見所はあるのですが、時間がなくすべて見て回ることが出来ませんでし

た。

 

御朱印 以前いただいたものです。

f:id:yatutama:20210330172815j:plain

 

これが今日いただいた御朱印です。

f:id:yatutama:20210330172851j:plain

きれいな桜は見れたのですが、今日は黄砂の影響なのか青空を見ることが出来ませんで

した。少し残念でもありますね。

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

続きを読む